ブログ

2015/04/14

14日、選挙会が行われ、正式に当選が決定。その後、当選授与式があり、拝領いたしました。多くのみなさんからのご支援を、後半戦につなげたいと決意しています。よろしくお願いします。

2015/04/11

最後の訴えの後、事務所へ帰ると、スタッフからのおしぼりが待っていました。私を支えてくださった大勢のスタッフ、党員、後援会員のみなさん、ありがとうございました。投票箱が閉まるまでが勝負です。最後の最後まで、気を抜かずにたたかいぬく決意です。

2015/04/11

いよいよ20時直前、最後の訴えは、大久保駅です。大河直幸さんと一緒に、通勤帰りの方に訴えました。全力で突っ走りました。

2015/04/11

夕方の宇治橋通り商店街で、最後のお願い。あさから、入れ替わり立ち替わり候補が訴え、お騒がせしました。m(_ _)m

2015/04/11

最終日 朝から20時まで、若干の休憩を除いて乗りっぱなし。最後の気力を振りしぼる。他党候補は、声を張り上げ、名前だけ。私は、最後の最後まで、政策で訴え、「平和・くらしの願い共産党へ、まえくぼ義由紀へ」と訴えていきます。

2015/04/10

JR宇治駅に、こくた恵二衆議院議員が、私の応援に来られました。穀田さんは、応援演説の中で、「来日したカーター米国務長官が安倍首相と「日米軍事協力のガイドライン」の再改定で日本を戦争する国へまっしぐらに進むと同時に、アベノミクスで国民の生活をずたずたに落とし込んでしまう、こんな時こそ地方議会がしっかりと住民を守ることが必要、こんな時だからこそまえくぼさんを府議会に出して、山宣を生んだ素晴らしい宇治の底力を見せようではありませんか」と訴えられました。250人の聴衆から大きな拍手を受けました。

2015/04/10

10日金曜日 JR宇治駅での朝のあいさつから。今日も雨、なんと多い期間中の雨。(-_-;) しかし、2日間、走り抜けようと、気合こめて出発。宇治市会議員坂本ゆう子さんと一緒です。

2015/04/09

日本全国通々浦々で選挙 日本共産党の躍進こそ安倍暴走政権に痛打 今日は広野公民館と平盛集会所での演説会。気合は入っているが、「疲れとるのとちゃう?」との声もあったので、最終盤にふさわしくと、気を引き締め、訴えた。水谷修宇治市会議員団長は、「勝敗は有権者が決めるもので、マスコミが決めるものではない」と、マスコミ報道に一喜一憂することなく、最後までがんばり抜いたところが勝利すると。候補者として、あと2日間、最後までたたかいぬく決意を新たにした。

2015/04/08

自民・公明への一票は、戦争への道 演説会3か所、ハードですwww。しかし、そうは言っておれない。京都府知事とその与党の態度には、本当に腹が立ちます。京丹後へのXバンドレーダー配備、アメリカが、安倍が、「安心」と言っているから安心だと。写真は、東宇治地域福祉センターでのものです。志岐常正さんから、「真に防災をわかっている議員はまえくぼさんだけ」と、最大賛辞を受けました。セブンスターズの名付け親?最後に、渡辺俊三議員の再選を訴えました。

2015/04/08

私は、暮らしの問題を訴えるとともに、日本の平和についても安倍暴走を絶対に許さないと強く訴えています。近畿で初めて、歴史と文化の京都府は京丹後に作られた米軍レーダー基地が強行設置されました、この撤去のために、地元のみなさんや平和を愛するすべての京都府民といっしょに、全力を挙げてがんばります。

一覧